背中ニキビやニキビ跡に効果的と話題のジッテプラスですが、

背中ニキビ跡に対してそれ以外でも効果的なものは無いのか?

気になる方もおられると思います

ですので、そんな方の為に、ジッテプラスで背中ニキビ跡ケアをする以外に効果的な方法についてもここでご紹介していきます!

 

ニキビ跡の種類~陥没ニキビ以外はケアで消えることもある~

「ニキビ痕」と呼ばれるものには、大きく分けて下記の3種類があります。

このなかで、「赤みが残る」ケースと「シミが残る」ケースは、できてしまったあともケア次第では簿くしたり消したりすることも可能です。

しかし、「陥没が残る」ケースは、残念ながら薄くなることはあっても、完全に消すことはできません。

まずは、自分のニキビ痕の種類をチェックしてみましょう。

赤みが残るタイプのニキビ跡

二キビができたときに炎症が起こり、その赤みがいつまでも消えないことがあります。

何年もかけて消えていくこともありますが、日焼けをするとシミに移行することがあります。

ビタミンC誘導体配合の化粧品や、イオン導入などでケアしましょう。

シミが残るタイプのニキビ跡

炎症が起こったあとの赤みが茶色いシミになったもの。

時間が経てば消える場合もありますが、そのまま残ってしまうことも。

美白化粧品を使ったケアがおすすめです。

専門医によるピーリングで非常に早く改善します。

陥没が残るタイプのニキビ跡

二キビの炎症が毛穴そのものを破壊してしまった場合、痕が残ることがあります。

いわゆる「クレーター」と呼ばれるもので、完全にもとに戻すことはできません。

専門医によるピーリンクで、もとに戻せなくともかなり改善される場合もあります。

セルフケアにお勧めの方法

自分でおこなうケアとしては、ピーリングとビタミンC誘導体配合化粧水を使ったケア(さらにそれを用いたイオン導入)などがおすすめです。

それでもなかなか改善しない人は、クソニックでピーリング等を受けましょう。

専用の器具などを使って上手に「コメド」を押し出す

「ニキビをつぶすと痕が残る」と思っている人は多いでしょう。

しかし、ニキビのでき始めに上手につぶせば、かえってきれいに治ることがあります。

毛穴に皮脂が詰まった状態をコメドといいますが、この段階で上手に芯だけを押し出すようにします。

爪で押すと雑菌が入るので、薬局で手に入る「コメドプッシャー」という専用の器具を使います。

これがない場合は、清潔な綿棒2本で挟んで押してみます。

お風呂上がりなどの肌がやわらかいときにやさしく押し出すのがコツです。

だだし、炎症を起こして、いわゆる「赤ニキビ」状態になったニキビは、決して自分ではさわらないでください。

皮膚科でも押し出しの治療をしてくれるところがあるので、気になる人は相談してみてもよいでしょう。

6時間以上の睡眠でニキビが改善する

ニキビの原因のひとつは不規則な生活です。

とくに食事よりも、睡眠の影響が大。

ニキビができやすいという患者さんが、睡眠時間5時間程度だったところを、6時間以上睡眠をとる生活に変えることで、ニキビがだいぶ改善されるケースも多いのです。

このとき、ただ6時間以上睡眠時間を確保するだけでなく、毎日間じ時間に眠りにつくことも大切です。

また、昼夜逆転しているような生活もNG。

人間のからだは太陽のリズムと連動して体内時計を刻んでいるので、明け方に寝るような生活ではホルモンバランスが乱れやすくなります。

毎日同じ時間に、遅くともO時かO時半くらいには就寝するようにしましょう。

そして背中ニキビにはジッテプラスを使いケアしながらニキビ改善に取り組んでいってくださいね♪