クレンジングではメイク汚れの6割が落ちればOK

自分に合ったクレンジング料が選べたら、今度はクレンジングの方法です。

肌に負担をかけないためにはどうしたらよいのでしょうか。

それは、「時間をかけて、しっかりと」ではなく「すばやく豪快に」クレンジングをすることです。

多くの方が、メイクを落とすときに、クレンジングのあとに洗顔料で洗顔するW洗顔をしているでしょう。

「W洗顔」をするのであれば、クレンジングの段階でていねいにメイクを落とす必要はありません。

おまかにいってクレンジングでは、メイクの6割程度が落ちていればOKです。

残りの4割はそのあとの石けん洗顔で落ちます。

クレンジングは、クレンジング料を肌になじませるのに約40秒、すすぐのに約20秒、合わせて約l分で終わらせましょう。

こすりすぎは禁物!すすぎはぬるま湯で

テレビCMなどの影響か、クレンジングで毛穴の汚れまで取り除こうと、一生懸命マッサージする人がいるようですが、こすリすぎは禁物です。

これまでにも説明したように、クレンジング料は「界面活性剤」を含み、その刺激で肌を傷めやすいもの。

そんなクレンジング料で顔をていねいにマッサージするのは、強い洗剤で顔をこするようなものなのです。

そもそも毛穴の汚れは、クレンジクレンジングで落とせるものではありません。

クレンジングは最小限にすべきなのです。

クレンジングをするときは、すすぎの水の温度にも気をつけましょう。

冷たい水では油分が落ちにくく、熱すぎると乾燥をまねきやすいので、ぬるま湯ですすぎます。

入浴中であればシャワーですすいでも。

だだし、お湯の温度は低め(36~37℃程度)に設定しましょう。

クレンジングのしかた

1.クレンジング料を適量手にとる

飢に負担をかけないために、クレンジング料は少ないほうがよいと思うかもしれませんが、少ない量をちまちまと伸ばすのは摩擦が強くなるためかえって肌によくありません。

ケチらずに多めに手にとり、手早く顔に広げましょう。

2.Tゾーンになじませる

まずは、顔のなかでも比較的皮膚が強いTゾーンから、指の腹を使って伸ばし始めます。

クレンジング料は肌がぬれていない状態で、やさしくなじませていくのが基本です。

3.Uゾーンになじませる

Tゾーンからほおを含むUゾーンヘ、クレンジング料を広げていきます。

強くこすらず、やさしくなじませていきましょう。

4.目もと、口もとになじませる

皮膚が薄くて弱い目もと、口もとは、薬指でやさしくなじませて。

こすりすぎると乾燥やシミの原因になります。

5.ぬるま湯ですばやくすすぐ

すすぎはぬるま湯で。

お湯を手のひらにすくい、手は顔に触れないように、すくったお湯に顔おつけるようにしてすすぎます。