背中ニキビを治すためにはさまざまな部分で気をつける必要があります。
いくらジッテプラスを使ってケアしてたとしても、それ以外の部分で問題があれば、効果は半減してしまいます。
今回はニキビを作らないために、どのような洗い方をすればよいのか、
ニキビに対して絶対にタブーなことも含め、どのようなことに気をつけるべきか、紹介していきます!

肌に刺激を与えない!

手入れの仕方ひとつでお肌はきれいになります
あなたは普段どのようにお肌を洗っているでしょうか?
最近泡立てネットで、モコモコに泡立てて洗う方が増えてきたのは、喜ばしいことです。
しかしせっかく泡立てたのに、ネットでゴシゴシこすって洗っていませんか?
肌をこすると汚れが落ちるような気がしますが、泡立てた石けんをお肌につけるだけで、泡の吸着成分が汚れを落としてくれるのです。
モコモコにした石けんの泡だけがお肌につくように、フワフワの泡で洗うとお肌にダメージが加わりません。
そして、泡をどのようにすすいでいますか?
強いシャワーをニキビや炎症のある部分に直接かけるのは、絶対にいけません。
シャワーの刺激はさらなる炎症を生み出します。
また、シャワーの温度にも注意が必要です。
お皿についた油汚れは40℃くらいのぬるま湯でジャーッと強く流すと落ちますよね。
それと同じことがお肌の表面でも起こります。
皮膚の大事な保湿成分、脂分もぜんぶ流されて乾燥肌になってしまうのです。
お顔をすすぐときには、シャワーであれば弱い水圧で、少し冷たく感じるくらいの温度(20~25℃) ですすぎましょう
背中を洗い流すときは、炎症部分に気をつけ、熱くない程度の温度で洗い流しましょう。

シャンプーの仕方にコツがある?

あなたが洗髪するときはどんな体勢ですか?
シャンプー、リンス、トリートメントがお顔や背中の炎症部分につかないように気をつけていますか?
頭を下げて下向きでシャンプーする方が多いと思いますが、それではダラーッとお顔に流れてついてきますし、
頭をあげて後ろに流して洗うと背中についてしまい背中のニキビや炎症を引き起こす原因になってしまいます。
シャンプー類に含まれている強い洗浄成分は、体の中でいちばん弱い皮膚であるお顔には刺激が強すぎますお肌に少しでもつくと皮府の構造が壊され、
保湿成分がぜんぶ流れ出てしまいます。
では、背中だと皮膚がぶ厚いから大丈夫なのかというと、そうではありません。
やはりシャンプー類の強い洗浄成分によってニキビや炎症を起こしてしまう原因になります。
あとでまたお顔や背中を洗えばよいと思うのは大間違いです。
シャンプ-は一度お肌についてしまうとしばらくとれません。
ジワジワと皮膚の構造が壊されます。
お顔や炎症の起きている背中には一切シャンプー類はつけてはいけません!
最初のうちは体勢がつらいかもしれませんが、横に倒した状態で、できるだけ顔や背中にシャンプー類がかからないように洗髪しましょう。
そして髪をすすぐお湯もお顔や背中につかないように気をつけてください。
背中や胸のニキビに悩んでいる方のほとんどは、トリートメントがお肌につくことが原因なので、長年の悩みから解放されるでしょう。
乾燥肌ニキビも洗髪の方法を替えるだけでよくなるかもしれません。

このように洗い方ひとつでこんなにもニキビができるか治るかが変わってきます。
洗うことは必ず毎日することですし、ケアしていく上でも大きな影響を与えます。
正しい洗い方で肌をいたわり、ジッテプラスの効果を最大限に生かしていきたいですね。