美肌に役立つとされる栄養素は多々ありますがその中でもお肌をプルプルに保ってくれるのがコラーゲンやジッテプラスにも配合されているヒアルロン酸です。

最近はそれらの栄養素を食べるとお肌がプルプルになる!と良く話題になっていますが、それは本当になるものなのでしょうか?

また、肌に良いとされるビタミンなどをサプリメントなどで補う人も増えてきましたが、そのように一定のビタミンだけなどという摂取の仕方だと過剰摂取などの問題も出てきます。

ここではそれらは本当にお肌に良いのか?また過剰摂取した場合などに身体への悪影響は本当に無いのかを検証しましたのでご紹介します。

 

コラーゲンを飲むと、お肌はぶるぶるになるのか?

残念ながらコラーゲンは分子量が極めて大きいので、そのままの形で体内に吸収され、皮膚まで運ばれることは、100パーセントありません。

コラーゲンといえば、皮膚の真皮にあって肌に弾力を与えている線維で、各種のアミノ酸が鎖のようにつながったたんぱく質です。

そのままでは吸収できないので、まず、ペプチド(アミノ酸が2個以上つながったものです)に、次にアミノ酸に、それぞれ分解されて、はじめて体内に吸収されます。

つまり、肉や魚などを食べているのとなんら変わりはなく、コラーゲンを飲んでも、それがそのままの形で皮膚に届くことはありません。

したがって、真皮のコラーゲン線維が増えるわけではないのです。

コラーゲンが分解されると、消化吸収されるアミノ酸やペプチドは、毎日食べる肉や魚の中にも十分な量が含まれていますので、ふつうに食事をしていれば不足することはありません。

不足しているならともかく、そうでないなら飲んでも意味がありません。

今はやりの「飲むヒアルロン酸」についても、そのままの形では決して吸収されず、飲んだからといって皮膚のヒアルロン酸が増えることがないのは、コラーゲンとまったく同じです。

やはり保湿目的でジッテプラスのような製品を使って外側からのケアに使用するのが賢明のように感じます

ビタミンCをサプリメントで補える?危険性は本当に無い?

ビタミンCは水溶性。

とりすぎても尿と一緒に出ていくので、副作用の心配はないとされてきました。

ところが、最近になってビタミンCの過剰摂取が健康を害する可能性がわかってきたのです。

ガンから心臓病まであらゆる病気の引きがねとなるとされているのが活性酸素です。

ビタミンCにはこの有害な活性酸素を掃除するという、ありがたい作用があります。

ところが、活性酸素を無害なものに変えた、そのビタミンC自体が、今度は酸化ビタミンCなどに変化してしまいます。

活性酸素なら増えても、元来体にそなわっている機能が働いて自然に掃除されます。

でも、酸化ビタミンCはふつうなら、そんなに多くの量が体にたまることはないので、それを掃除する機能が体にはそなわっていないのです。

そのため、体に大量に蓄積されてしまう可能性があるわけです。

つまり、酸化ビタミンCは活性酸素以上に、害をおよぼす可能性すらあり、それを還元するために、結局体内の貴重なビタミンCが使われてしまうため、プラス・マイナスが不明ともいわれ、今後の研究結果が注目されています。

ビタミンEも危険性があるの?

ビタミンEはさらに深刻です。

2004年にアメリカ心臓学会(AHA)は、心臓に疾患のある人が毎日260ミリグラム以上のビタミンEを飲むと、死亡率が10パーセント上がる、との警告を発しました。

ビタミンEは一酸化窒素という活性酸素を掃除します。

でも、その一酸化窒素は人体に害をおよぼすだけではなくて、血管収縮を調整するというよい働きもしていたのです。

そのため、ビタミンEをたくさん飲んで、一酸化窒素を掃除しすぎると、血管の調整がうまくできなくなり、心臓の弱い人では死亡率が高くなるのではないか、というわけです。

人間の体は寄跡的なバランスと巧妙なメカニズムによって生かされていて、その深遠さからみると、人の医学知識などまだまだ浅いものだと思います。

そして、ビタミンCは肌にいいのだから、サプリメントで補えば美しくなれると考えるのも、人間の思いあがりか、浅知恵といえるかもしれません。