背中ニキビやニキビ跡に効果的と多くの方に人気のジッテプラスですが、

せなかのニキビ跡や黒ずみに対しては紫外線対策も大切になってきます。

ですのでここではそんな紫外線対策について細かくお勧めの方法をご紹介していきます。
 

日焼け止め、またはパウダーファンデーションで効果的にUVケアをする。

あまり知られていないことですが、日焼け止めは、使用量を守らないと期待どおりの効果が出ません。

日焼け止めにあるSPFの数値は、皮膚㎦対して2㎎の日焼け止めを塗ったときの効果として測定されています。

これは、顔全体に塗るとすると500円玉大くらいの量になりますが、実際には、その半分~5分の1程度しか塗っていない人が多いといわれます。

つまり、今塗っている量よりも何倍も多く塗らないといけないということになるのです。

でもあまリたくさん塗るのもベタついて困りますし、肌への負担になることもあります。

そこで日々のUV対策として、ファンデーションを活用することをおすすめします。

ファンデーションだけでも日焼け止めになる

ファンデーションには、UVカット効果があります。

とくにUVケア用のものでなくても十分です。

ファンデーションやルースパウダー(粉おしろい)には、紫外線散乱剤と同様の効果があるので、日常でのUV対策はそれだけで間に合います。

日焼け止めを厚塗りするよりも、そのほうが肌に負担をかけずに確実にUVカットができます。

なかでも、パクダータイプのファンデーションは肌にやさしく、またUVカット効果も高いのでおすすめです。

日焼け止め配合の化粧下地を使っている人が多いようですが、これも薄く塗ったくらいではあまり効果は期待できません。

下地を使わなくても肌には問題はないので、洗顔後に化粧水や美容液で保湿をして、直接パウダーファンデーションをつけてもよいでしょう。

海や山など紫外線の強いところに行くときは、からだの内外から徹底ケア。

紫外線の強いところでは効果の高い日焼け止めを選び厚めに、こまめに塗り直す事が大切です

海や山など紫外線が強いところに行くときや、レジャーなどで一日中外にいるような日には、ノンケミカルにこだわらず、SPF50、PA+++程度のUVカット効果の高いものを選ぶとよいでしょう。

必要であれば、ウォータープルーフタイプを使いましょう。

厚めにしっかり塗り、汗や水で日焼け止めが落ちてしまったら、塗り直すようにしましょう。

ただし、肌の弱い人は、数値の高い日焼け止めを塗るとかぶれてしまうことがあります。

そのような人は、敏感肌用のものを選び、こまめに塗り直すようにすると効果的です。

顔は、ファンデーションを厚塗りすれば、日焼け止めなしでも大丈夫です。

出かける2週間前からビタミンCを摂るようにする

日焼けはシミの大きな原因ですが、シミをできにくくするためには、ビタミンCを積極的に摂取するのが効果的です。

ビタミンCは抗酸化力があり、紫外線に対する抵抗力をつけることができるのです。

もし、レジャーなどで出かける日がわかっているのであれば、2週間ほど前からビタミンCを多めに摂るようにするとよいでしょう。

ビタミンCはサプリメントでの摂取が便利ですが、からだへの吸収率は、天然のものから摂取した場合のほうが高くなります。

ビタミンCは、野菜やお茶から摂るようにしましょう。