背中ニキビとニキビ跡にはジッテプラスが効果的と多くの方に人気ですが、

背中のニキビ跡などの黒ずみを改善していく場合は、特に夏場海へ行くときなど、紫外線対策にも気をつけて行きたいところです。

なぜなら黒ずみはシミと同じようなものですし、改善したい場合はシミ対策と同じようにしていく必要があるからです。

ですのでここではそんな紫外線対策についてご紹介していきます
 

曇っていても日陰にいても紫外線を浴びている!UVケアは年中必要。

紫外線のダメージは蓄積されて肌老化につながります。

真夏の太陽がギラギラと輝くような日に外出するとなると、だれもが積極的にUV対策をするでしょう。

しかし、それだけでは十分ではありません。

紫外線は、冬でも、空が曇っていても、毎日降り注いでいます。

UVケアは一年中、どんなときでも必要なのです。

日差しが強いと紫外線も強い、とカン違いしがちですが、紫外線は暑くもまぶしくもありません。

そのため、浴びている実感がなく、うっかり日焼けをしてしまうことが往々にしてあります。

そんなちょっとした、ダメージがすべて肌に蓄積され、ある一定レベルに達すると、シミやシワとなってあふれ出すのです。

こんなうっかり日焼けも着々と蓄積される!

ちょうど貯金箱にお金が貯まるように、紫外線は“肌の奥にある紫外線貯金箱”に蓄積されていきます。

そして、貯金箱がいっぱいになったとき、あふれ出すようにシミやシワとなって現れます。

日焼け止めは表示の意昧をしっかり知って用途に合わせて選ぶ。

「SPF」と「PA」の違いを正しく知っておく事が大切です。

UVケアといえば、日焼け止めを使う人が多いでしょう。

しかし、日焼け止めも、正しく使わないと効果が半減するので、注意が必要です。

まず、日焼け止めを選ぶときに確認したい表示に、「SPF」「PA」というものがあります。

これらは紫外線をカットする力を表す紫外線防御指数です。

SPFは紫外線B波をカットする力を数値で表したもので、2~50の数字で表示されます。

紫外線B波は、サンバーン(肌が赤くなってヒリヒリする状態)を起こす紫外線で、強いエネルギーをもっています。

一方、PAは紫外線A波をカットする力を表し、「+」「++」「+++」の3段階で表示されます。

紫外線A波は、紫外線B波と比べて「肌がヒリヒリする」といったダメージは与えませんが、肌の深部にまで到達し、シミやシワの原因となり、肌老化を進めます。

肌への刺激を考えるなら「ノンケミカル」を選ぶとよい

できる限り紫外線をカットしたいと、SPFやPAの値の高いものを選びがちですが、効果の高いものほど、日焼け止めの成分自体が肌への刺激となることも忘れないようにしましょう。

日焼け止めの成分には、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があります。

紫外線吸収剤は、紫外線対策の効果が高いのですが刺激が強く、肌あれをまねくことがあります。

一方、紫外線散乱剤は、紫外線吸収剤に比べて肌にやさしいのですが、皮脂や水分を吸収するため肌が乾燥しやすくなるといったデメリットがあります。

肌が弱い人や毎日使う人であれば、紫外線吸収剤を配合していない「ノンケミカル」のものを選ぶほうがよいでしょう。

日焼け止めの表示の見方

最後に、SPFとPAについて詳しく説明しておきます。

両方の特性をしっかり理解したうえで紫外線対策していきましょう!

SPF

SPFは紫外線B波をカットする力があります

紫外線B波をカットし、サンバーンが起きるまでの時間を引き延ばす力を表す数値です。

通常、平均的な日本人は約20分間にわたって紫外線を浴びるとサンバーンを起こすといわれますが、たとえば「SPF2」の日焼け止めを塗れば、その時間を2倍の40分まで引き延ばすことができるということです。

数値は2~50で表され、数値が高いほど日焼け止め効果カが高くなります。

PA

PAは、紫外線Aをカットする力があります。

皮膚の真皮まで到達してタンニング(黒くなること)を起こす、紫外線A波をカッ卜する力を表すものです。

数値ではなく、「+」の数で効果を表します。「+」 は、タンニンクが起こるまでの時間を2~4倍に引き延ばせるということ。

「++」なら4~8倍、「+++」なら8倍以上引き延ばせるというめやすです。