背中ニキビに絶大な人気を誇るジッテプラスですが、
そのジッテプラスの効果を最大限に高める方法をご紹介します♪

少しの運動が美肌をつくる

あなたは、体を動かすのは好きですか?
運動は美肌をつくります。運動をしている女性のお肌はコラーゲンが多く、ハリのあることが証明されています。
ウォーキング、エアロビクス、水泳、ジョギングなどの有酸素運動は、心肺能力を高めます。
血行がよくなり、酸素や栄養素が効率よく運ばれ、皮膚細胞の再生、修復能力が高くなります。
定期的に発汗することで、有害物質が排出され、汗に含まれる保湿成分でお肌が潤います。
ストレッチは、体の柔軟性を高めます。体が柔らかいと血行がよくなり、ホルモンバランスが整い美肌に近づきます。
また、運動をすると成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンによってコラーゲンが生成され、
皮膚の修復が行われるので若々しいお肌を保つことができます
運動嫌いの人は歩くだけでもよいのです。ただしダラダラと歩いてもダメです。
姿勢を正して早歩きをしましょう。今日から1駅分は歩く、エスカレーターは使わないで階段にするなどそれだけでも美肌に近づきます。
ただし、運動をする際、気をつけなくてはならないことがあります。運動のしすぎは活性酸素を発生させ、
老化の原因になるのです。運動後に疲れて動けないくらいのマラソンやトレーニングは
美肌にはかえってマイナスです。運動後さわやかな気分になるくらいの少しの運動が美肌のためにはいちばんよいのです
運動することで美肌だけではなく、筋力がアップすることで基礎代謝が高まり、
脂肪が燃焼され太りにくい体を手に入れることができます。

効果を高める入浴法!入浴剤はNO!

1日の疲れを取ってくれるバタイム。
湯船にきれいな色をつけて素敵な香りがすると、幸せな気分になるのはよくわります。
しかし、入浴剤の成分を見たことがありますか?
色をつけているのは青色○号、黄色○号という名のタール色素。毒性物質です。
素敵な香りも化学物質からつくられます。お肌をしっとり見せるための化学物質や合成界面活性剤も含まれています。
また、腐らないように防腐剤も配合されています。
温熱効果のための炭酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウム、生薬などはよいとしても、
入浴剤は、有害な化学物のオンパレードなのです!
入浴剤を入れると、湯船につかっている問、皮府に化学物質が作用します。
合成界面活性剤で皮膚のバリア機能が破壊され、弱くなった皮府に毒性のあるタール色素やほかの化学物質が入り込んで、ニキビができやすくなるうえ肌の炎症を起こします。
また、アレルギーを引き起こし、発がん性が高まる可能性があります。
体の湿疹やお風目上がりに体がかゆく感じるのは、入浴剤のせいかもしれません。
痒くなってかいてしまいさらにニキビを作ってしまえば元も子もありません。
どうしても入浴剤を入れたいのなら、天然の塩たけを入れましょう。温泉の塩化物泉と同じようなお湯になりますので、体が温まりますよ。
香りが欲しい方はハーブやアロマオイルがよいかもしれませんが、皮膚に刺激になることもあるので、私はおすすめしません。ゆずやミカンの皮でもかぶれる方が多いことも知っておきましょう。
このようなことに注意し、しっかりと汚れと疲れを洗い流したうえで、ジッテプラスを使うようにしましょう♪

睡眠は美肌の必須条件

お肌のお手入れ方法、食べるものを気をつけることはにきび予防のためには重要ですが、
良質な睡眠をとるのは、栄養と同じくらいお肌にとって大切なことです。
寝不足の次の日にニキビが出来てしまった、お肌の調子がイマイチという経験は多くの人にあると思います。
特に眠り始めの約3時間は成長ホルモンの分泌が盛んになり、コラーゲンの生成が活発に行われます。
化粧品、暴飲、暴食、紫外線などで傷ついた皮膚は成長ホルモンのおかげで再生されるのです。
しかし皮膚の再生には6時間くらいかかるので、睡眠時間が短いと肌の修復がうまく行われません。
「肌のゴールデンタイム」という言葉を聞いたことがありますか?
夜10時から深夜2時までは、寝ているのがいいとされています。
その時間に寝ることで成長ホルモンが活発に分泌され美肌を保てるのです。
しかし、現代の私たちの生活では、なかなかその時間に眠るのは難しいでしょう。
みなさんの生活に応じて就寝時間を決め、長さよりも良質で十分な睡眠をとればよいと私は考えています。
それには、寝る環境を整えることです。
お風呂を上がってすぐジッテプラスを塗り、しっかりと寝る環境を整えたうえで、
できるだけ良質な睡眠がとれるように心がけていきましょう☆

以上が、ジッテプラスの効果を高める方法でした♪
ニキビを治すために良いことは積極的にやりつつジッテプラスで綺麗で自信の持てる背中を手に入れましょう!