背中ニキビ対策にはジッテプラス。

ここでは背中ニキビに対するケアポイントや良くあるような質問を通して、美肌になるためのちょっとしたコツをお届けします

 

海外旅行のあと、肌の調子が悪くなりますが?

ふだんの生活リズムと環境が変わるのが海外旅行です。

食べ物はもちろん、水、気候も違います。

シャワーやシャンプーも違い、そのうえ時差によるリズムの乱れも大きいのです。

飛行機に乗っているあいだも、美容液やリップクリームなど、いつも使っているものをたっぷり塗ってケアしておくと違います。

長時間のフライトなら、メイクを落として飛行機の中は空気が乾燥していますから、肌の乾燥はある程度は避けられないのですが、フライト前後のケアをしっかりしておきましょう。

肌を休ませるのもいいでしょう。

化粧品は季節ごとに使い分けするのですか?

今、使っている化粧品が気に入り、合っていると感じているなら、夏と冬とで変える必要はありません。

ただし、冬は乾燥が強くなりますから、ジッテプラスを塗るなどして保湿に気をくばり、多めにつけるなどの調整をすれば十分でしょう。

汗をかかなくなる方法はありますか?

汗をかくにはわけがあります。

肌は、温度調節や新陳代謝などのはたらきをします。

無理に汗をおさえるほうが問題です。

背中は特に汗をかきやすい箇所ですので、肌の清潔をいつも心がけ、汗で湿ったらマメに汗を拭いたり、酷い場合は早めに着替えるなどする工夫が必要です。

また汗でジッテプラスが流れやすいので、汗をかいて着替えた後などはもう一度ジッテプラスを塗るなどして行ってくださいね。

肌によい極眠時間はどのくらいですか?

眠っているあいだに肌は再生されます。

そのために、よい眠りを得られるように心がけることは、美肌づくりには欠かせません。

ただ、睡眠時間は人それぞれの生活リズムで異なりますから、厳密に何時間という決まりはなく、なにがなんでも長時間の眠りがよいとはかぎりません。

眠りの深さ、熟睡という眠りの質が大事です。

今は、平均6時間の睡眠をとればよいとされています。

いつも6時間睡眠の人が、休日にゆっくりしようと8時間眠ったととろ、なにか調子がおかしい、ということがよくあります。

やはり、いつもの自分の生活ペースをくずさずに、寝すごしても1時間程度にするとよいようです。

そして寝る前にしっかりジッテプラスを背中に塗り、背中ニキビは防いでいきましょう

肌をいじめない化粧品の基準は、どういうものですか?

「いじめない」とは、肌に負担をかけないことです。

化粧品をつけたことで、肌になんらかの悪い変化が出ないことです。

たとえば、なにかの成分を配合したから即、効果が出る、変化するとうたっているような化粧品は、かえって強い薬効成分などが入っていることが多いのです。

肌から吸収される添加物もいろいろあります。

毛穴から吸収されるのです。

つけた翌日に驚くほど肌がピーンと若返るホルモン剤などは、毎日使い続けると、体がもうホルモンを分泌しなくてもいいとカン違いして、ホルモンを分泌しなくなるのです。

肌を直接、こすったりすることのほかに、こうした肌によくないことをするすべてが「いじめる」ことになります。

ジッテプラスは優しくお肌を保湿し、炎症を鎮静化させてくれます

刺激が少ないからこそ背中ニキビ対策用で多くの人に選ばれるという事ですね!